WindowsとMacのキャプチャまとめ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

MacはOSにスクリーンキャプチャ機能があり、ディスプレイ画面の一部をスクリーンショット撮影できます。

Windowsのキャプチャ

1.「Prt Scrn」「Print Screen」を使う

このキーを一回押すと、現在のウインドウをまるごとキャプチャします。

ペイントなどを起動し、貼り付ければディスプレイ全体がペーストされます。

特定のウインドウだけキャプチャしたい場合は、「Alt」キーを押しながら、「Prt Scrn」キーを押します。

2.『Snipping Tool 』を使用したキャプチャ

あまり使っているひとを見かけないのですが、実はWindowsでもMacのように画面の一部分だけをキャプチャすることが可能です。

「スタート」⇒「すべてのプログラム」⇒「アクセサリ」のなかに入っています。

ペイント等の画像編集ソフトに貼り付ける必要がないぶん、こちらのほうが手軽です。

撮影したキャプチャをそのまま画像データとして保存できます。(JPEG、GIF、PNG他)

Macのキャプチャ

キーボードショートカットによるキャプチャ

デスクトップの全体を撮影する「Command」+「Shift」+「3」
選択した範囲を撮影する「Command」+「Shift」+「4」
特定のウインドウを撮影する「Command」+「Shift」+「4」+「スペース」
クリップボードに転送Windowsの「Prt Scrn」キーを押したときと同じように、別のアプリケーションに貼り付けることができます。

デスクトップ全体:「Control」+「Command」+「Shift」+「3」

選択した範囲:「Control」+「Command」+「Shift」+「4」