【ビットコイン】仮想通貨(暗号通貨)のおすすめ国内取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

※2017年9月末現在の情報です

暗号通貨を購入するには、取引所で日本円と交換します。

国内だけでも何箇所か取引所がありますが、私が実際に使ってみておすすめな取引所を紹介します。

国内の取引所

Zaif

こちらは登録しておいたほうが良いかと。
取引手数料が他よりも断然安いです。

良い点

取引が活発

ビットコイン・ネムの取引は盛んに行われています。よってスプレッドも大きく開きません(「売り」と「買い」の値段差が開かない)。

手数料が安い

ビットコインとモナコインは手数料マイナスとなっており、取引するたびに逆にお金が貰えます。(後日、マイナス分の手数料が円で送られてきます)

悪い点

銘柄がやや少ない

強いていうならば通貨の銘柄が少ないことでしょうか。とくにイーサリアムが無いのが個人的にはネック。ですがメリットを考えれば、絶対に登録しておくべき取引所です。

ただ、全ての通貨において、円建て・BTC建てで購入出来るのは良い点。

サーバが貧弱

サーバが脆弱なのか、取引量が多くなると注文が通らなくなることがあります。

Zaifの登録はこちらから

コインチェック

こちらも登録しておいて損はないです。

良い点

通貨の種類が豊富

国内の取引所の中では種類が最も多いです。また比較的メジャーで手堅い(大暴落しにくい)通過を取り扱っています。

補償がある

これは安心ですね。クラッキングなどの被害があった場合でも、100万円までは補償してくれます。

国内初、ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失」を最大100万円まで補償。取引所Coincheckにおける「なりすまし」補償を開始 | コインチェック株式会社

アプリが使いやすい

私は価格確認にコインチェックのアプリを使っています。通貨の価格が一覧表示され、円建・BTC建てもすぐに切り替えられます。シンプルでとても使いやすく、重宝しております。

悪い点

以下の理由により、私はコインチェックをあまり使っていません。

手数料が高い

結構高いです。他が0.2%程度なのに対して、コインチェックは通貨によりますが、売買の際に3%〜6%くらい取られます。
長期ホールドであればそれほど気にならないとは思いますが、ショートトレードする人には向きません。アルトコインはユーザ同士での取引ではなく、コインチェックを通して販売されているため手数料が高くなっております。
とくにXEM(NEM)をコインチェックで買う理由はありません。Zaifでの購入をおすすめします。

※「アルトコイン」:ビットコイン以外の通貨のこと

スプレッドの開きが大きい

アルトコインのスプレッドが広いです。売るときはちょっと損した気分になります。この点からも、長期保有向けです。

保証がある点を考えれば、手数料は仕方ないのかもしれません。どちらをとるかでしょうか。

CoinCheckの登録はこちらから

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

BitFlyer

こちらも人気の取引所です。最近ではTVCMも行っています。
ただしビットコインの現物手数料が他より少々お高め。

良い点

資本力がある

国内の取引所では、圧倒的な資本力を誇ります。この点から倒産する可能性が少なく安心です。

補償がある

CoinCheckのように不正出金による損害補償があります。BitFlyerは第一生命と提携しています。

悪い点

アルトコインのスプレッドの開きが大きい

コインチェックと同じ理由で、アルトコインは販売所となっているため売買価格の差が大きいです。
ビットコインは取引所があるので安く購入できます。

BitFlyerの登録はこちらから

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitbank.cc 

こちらの取引所ではCoinCheckよりも、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュを安く購入できます。
ただし取引量が少ないため、タイミングによってはスプレッドが広くなってしまいます。
注意としては、イーサリアム、ライトコインの購入はビットコイン建てのため、一度円をビットコインにしてから、これらのアルトコインを取引する必要があります。
リップル、ビットコインキャッシュは日本円で取引できます。

画像はリップルの売買板

BitPoint

こちらはビットコインの他に、イーサリアム、ビットコインキャッシュを取り扱っています。イーサリアムの取引量が多いため、CoinCheckの手数料が気になる方はこちらが良いと思います。

海外の取引所

海外の取引所を使用する場合、基本的には日本の取引所でビットコインを購入し、海外の取引所にビットコインを送金して取引します。

Poloniex

日本国内の取引所と比べて、格段に取り扱い通貨が多く、新しい通貨の上場も早いです。

Bittrex

こちらも取り扱い通貨が多いです。また、Poloniexには無い掘り出し物の通貨もあったりします。

 

おまけ:販売所と取引所の違い

販売所:すぐに取引出来る反面、手数料が高い。

取引所:売りたい人、買いたい人がいないと取引できないが、手数料は安い。

つまりいちばんお得に売買する方法は、取引量の多い取引所を利用することです。

例えばBitFlyerのビットコインは、取引所・販売所を両方備えていますが、上記理由により取引所の利用をおすすめします。