WordPressを簡単に高速化できた – プラグインとgzip設定

PageSpeed Insights

スポンサーリンク

このサイトはお名前.comの共用サーバを使用しています。 お名前.comの共用サーバでは「mod_deflate」と「mod_expires」が使用できないとのこと。 これが使えれば、もっと手軽に高速化できたと思うのですが…残念。 「mod_deflate」と「mod_expires」を使いたい方には、xServerををすすめします。 xServerは比較的新しいサービスなのですが、低価格・高機能でサポートも良いです。

行ったこと

・プラグインによるキャッシュ生成 ・プラグインによるソースの圧縮 ・プラグインによる ・gzipによる圧縮

最も効果的だったもの

【gzipによる圧縮】 以下のサイトを参考に、PHPで圧縮しました。 gzip圧縮でCSSやJSなどの転送量を減らす方法 スクリプトで.gzファイルを生成するため、「mod_deflate」が使えないサーバーでも比較的楽にgzip化できます。

使用したプラグイン

・001 Prime Strategy Translate Accelerator
・Autoptimize ・Async JS and CSS
・Asynchronous Javascript
・EWWW Image Optimizer
・JavaScript to Footer
・Unveil Lazy Load …スクロールで画像の位置に到達してから、画像を読み込んでくれます。
・WP deferred javaScript
・WP Super Cache ・WP-HTML Compression ・WP-Optimize

最終的に使用しなかったプラグイン

試してみたものの、最終的に当サイトで使用しなかったプラグイン。
※他のプラグインとの相性などもあるので、当方の環境に合わなかったためです。
・Better WordPress Minify
・Head Cleaner
・JS & CSS Script Optimizer
・WP Fastest Cache …これ良さそう。日本語にも対応している。初心者向きか。
・WP HTTP Compression …当方環境では動かず。またプラグインの更新も止まっているので、使用おすすめしない。
・WP Minify

結果

PC版ではスコア「55」程度だったものが最終的に…
PageSpeed Insights PageSpeed Insights
まだまだ改善の余地はありそうです。 まあ微々たる高速化を行うよりも、記事を増やしていったほうが上位表示は期待できるのですけどね。 ただ、表示速度が早いということはユーザビリティに大いに貢献します。 各プラグインの詳細は随時書いていきます。