Xcodeでデバイス別のレイアウトを素早く確認したいときは『Simulated Metrics』が便利

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

備忘。

たとえばiPhone6でのレイアウトを確認したい時は、iPhone6のシミュレーターを起動します。

しかしビルドされるまで時間がかかるため、1つずつ確認するととても時間がかかってしまいます。

そこで便利なのが、Xcodeについている『Simulated Metrics』という機能です。

『Simulated Metrics』を使えば、シミュレーターを起動せずにレイアウトを確認することができます。

『Simulated Metrics』の使い方

  1. StoryBoard上で、レイアウトを確認したいView Controllerを選択する
      %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-14-30-07
  2. 『Attributes Inspector』を選択する
    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-14-23-19
  3. 『Simulated Metrics』の中にある『Size』の中から、目的のデバイスを選択する
    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-14-23-07

『Size』に表示される項目は、『Auto Layout』の設定によります。