【WordPress】ウィジェットのAdsenseを特定のタグの記事のみ表示させない方法

スポンサーリンク

Googleアドセンスを使っていると、心配になるのが「禁止ワード」などのポリシー違反。

Google先生はかなり厳しく、一時停止されるくらいならまだしも、最悪アカウント凍結されることも。

私も下品な記事を書いたりするので、記事によってはアドセンスを表示したくない場合があります。

少しでも不安な記事にはアドセンスを表示しないようにする

酒・タバコ・ギャンブル・公序良俗違反など、分かりやすいものは問題ないのですが、中にはこれもNGなの!?なんてものもあったりあします。

アドセンスNG集-絶対に覚えておきたい規約違反事項一覧

グーグルアドセンスの2回目の広告停止の警告が来た。今回のポリシー違反はとっても奥が深かった | ももねいろ

ちょっとでも「これはあやしいな」と思ったら、そのページではアドセンスを表示しないほうが良いでしょう。

色々なやり方

JSで切り替える

JSは環境によって動かないことがある。あるいは動かなくできる。なので不安。

スタイルシートのdisplay:noneを使う

表示されなくはなるが、HTMLソース上にはAdSenseのコードが残る。Google先生的にどうなのよ。よって論外

PHPを使う

これならまあ心配ないだろう。様々な方法で表示・非表示の切り替えが行えるだろう。

しかし、仕事以外で面倒なことはしたくない。

で、辿り着いた結論が、

ウィジェット系のプラグインを使う

上記2つは試してみたんですが、面倒でした。

Dynamic Widgetは設定が煩雑。条件分岐文とか書かなければいけない。

Display Widgetはシンプルで良いプラグインなのですが、色々前準備しないとタグごとに設定できない。

そこで気づいたのが、「てか、Jetpack使えば良いんじゃないか」ということ。

タグによってウィジェットの表示・非表示を切り替えるなら、公式プラグインの「Jetpack」

最も簡単で正確にやるなら、WordPress公式プラグイン「Jetpack」使うのが良いです。

Jetpackなら、以下の要件を満たすことができました。

  • 特定のカテゴリを表示しないということは上記2つのプラグインで簡単にできるけど、カテゴリはちゃんとしたものを設定したい。
  • よって表示・非表示を切り替えるならタグが良い。
  • 設定は一度だけがいい。つまり表示したくない記事を書くたびに、特別な操作をしたくない。

Jetpackは既に入れている方も多いと思います。WordPress使うならまず入れますよね。

設定方法

1.AdSense非表示用のタグを作成する

まずはアドセンスを表示させない記事に設定するためのタグを作ります。

私は「大人」というタグを作成しました。

2.『Widget Visibility』を有効化

まずJetpackの『Widget Visibility』を有効化します。

『Jetpack』⇒『設定』⇒『Apppearance』⇒『ウィジェットの表示管理』をオンにします。

『Widget Visibility』を有効化

(いつの間にかJetpackのUIが大幅変更されていたので戸惑いました…)

3.ウィジェットの表示/非表示を個別に設定する

『外観』⇒『ウィジェット』の、各ウィジェットに「公開状態」ボタンが追加されます。

表示・非表示

「公開状態」ボタンを押すと、条件によって表示・非表示を選択できる。

アドセンスのコードが書いてあるウィジェットの「公開ボタン」を押して、以下を設定します。

fireshot-pro-screen-capture-003-%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%83%e3%83%88-colored-rhythm-wordpress-d-suga_com_wp_wp-admin_widgets_p
  1. 以下の場合に「非表示」
  2. 「タグ」
  3. 「非表示にしたいタグ名」

を設定する。

上記画像の場合ですと、「大人」というタグが設定された記事では、ウィジェットごと表示されなくなります。

もちろんHTMLソース上に表示されないようになるので、これなら綺麗サッパリと危険な記事からアドセンスを葬り去ることができます。